資産運用,投資についてのセミナー,講演はオークノール・プロジェクトにお任せ下さい。年金に頼ることなく堅く資産づくりをするお手伝いを提供致します。

ラップ口座と投資信託の違い

「老後も安心して暮らせるように」「十分な額の年金がもらえるか不安なので」といった理由から、資産運用を考える方が増えています。投資セミナーに通ったり、資産管理について勉強をしたりしている方もいらっしゃることでしょう。そこで、資産運用を実践する前の参考知識としてラップ口座と投資信託の違いをご説明したいと思います。

ラップ口座とは

ラップ口座のラップ(wrap)とは、日本語で「包む」を意味する言葉です。その言葉の通り、投資家の資産管理から売買の執行、運用、投資のアドバイスに至るまで資産運用に関することを証券会社や信託銀行が包括的に行うサービスです。

運用の専門家が投資家の代わりに運用する点では投資信託と同じですが、ラップ口座は株式・債券・投資信託など複数の選択肢から投資家が希望する金融商品を選ぶことができます。一昔前までは最低投資金額が数千万円単位だったため、申し込みできる方が限られていましたが、近年は最低金額が300万円程度にまで引き下げられたため、利用する方が増えています。

手数料の違い

投資信託の場合、販売時にかかる販売手数料、運用の専門家に支払う信託報酬、投資信託の解約時に発生する信託財産留保額という3つの手数料がかかります。このように手数料が複数あると、手数料の総額がいくらなのか分かりづらいと感じている方もいらっしゃることでしょう。

それに対しラップ口座は、投資家から預かった運用資産の残高に対し一定比率の手数料を支払う仕組みです。一括で手数料を支払うことができ、手数料の比率が変わらないため、手数料の額がすぐに把握できます。ただし、ラップ口座によっては別途で信託報酬手数料が発生するものもあります。

資産運用は慎重に選ぼう

投資信託だけで資産運用するのではなく、投資家の意向に合わせて運用方法を選ぶことができるという点はラップ口座の最大のメリットです。定期的に資産配分の見直しを行って上手く運用できれば安心ですが、ラップ口座も元本割れのリスクを伴うため、投資セミナーなどでしっかりと知識を身につけた上で資産運用方法を選ぶことが大切です。

東京で資産づくりのサポートを行っているオークノールプロジェクトでは、東京都内や横浜を中心に投資セミナーを開催しております。東京や横浜にお住まいで資産運用に興味をお持ちの方は、お気軽にご参加ください。

受付 平日 : 9:00~18:00 TEL 050-5362-5850 MAIL : okpro@oak-knoll.net

PAGETOP
Copyright © 株式会社オークノール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.