資産運用,投資についてのセミナー,講演はオークノール・プロジェクトにお任せ下さい。年金に頼ることなく堅く資産づくりをするお手伝いを提供致します。

老後の資産はどれくらい必要?

皆さんは「老後の生活にいくらお金がかかるか」を考えたことはありますか?医療技術の進歩に伴い、日本は世界に誇る長寿国として認知度が高まっています。しかし、その一方で定年退職後の生活について不安を抱えている方も少なくありません。

豊かな老後生活を築くためにも、老後の資産がどれくらい必要か把握し、今何をするべきかじっくり考えておきましょう。

老後に必要なお金はなんと「1億円」

老いは誰にでも必ず訪れます。人々に安心を与えるはずの年金制度もいまや様々な問題が発覚し、公的年金に対する信用も薄れている現状にあります。中には、「まだ若いから大丈夫!」と考え、現役時代を楽しんで過ごしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、老後の生活に必要なお金は、一般的に考えると1億円近くにもなります。「そんなに必要ない」と考える方が多数を占めているかもしれませんが、これは事実ですし、公的年金だけで補えるような金額ではありません。近年では年金保険料の引き上げや支給開始年齢の先延ばしなど様々な案が出されており、若者の年金離れの問題も大きく懸念されています。

また、年金の支給が先延ばしになると、無年金期間をどう過ごせば良いのか不安になるものです。老後に必要な資金に備え、早い段階から資産運用について考えておきましょう。

老後に必要な3つの資金

定年後、安定した暮らしを営むためには「生活資金」「予備資金」「余裕資金」の3つの資金が必要です。まず生活資金とは、その名の通り、住居費や食費など毎日の生活に欠かせない重要なお金のことを意味しています。暮らしに困らないためにも、必要最低限の生活資金は準備しておかなければなりません。

次に予備資金とは、病気・ケガ・事故など万が一の時に必要なお金のことです。入院や手術、介護に関しては、時期や金額も予測できませんので、とても重要度が高い資金になります。最後に余裕預金とは、老後の生活を楽しむために使うお金です。自分の好きな趣味やレジャー、旅行など自由に使える資金を用意することで、豊かな老後生活を育むことができます。

定年間近になって資産運用を始める方もいらっしゃいます。しかし、焦って取り組んだことが原因で失敗するようでは、後で取り返しのつかないことにもなりかねません。第2の人生を充実させるためにも「お金の専門家」であるファイナンシャルプランナー相談し、余裕をもって老後の資産運用に取り組んでいきましょう。

オークノールプロジェクトでは年金に頼ることなく、賢く資産管理を行うための方法をご提供しています。事業内容に関しては、資産形成や資産運用に役立つファイナンシャルプランナー(FP)事業と、外国人とコミュニケーションがとれる英語力を養うためのEnglish&Finance事業を行っておりますので、将来のために資産を残したい方には最適です。

あなたの夢や目標を叶えるための良きアドバイザーになれるよう、丁寧にサポートいたしますので、東京でファイナンシャルプランナーをお探しの方はぜひご相談ください。

受付 平日 : 9:00~18:00 TEL 050-5362-5850 MAIL : okpro@oak-knoll.net

PAGETOP
Copyright © 株式会社オークノール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.