資産運用,投資についてのセミナー,講演はオークノール・プロジェクトにお任せ下さい。年金に頼ることなく堅く資産づくりをするお手伝いを提供致します。

海外資産運用について

海外資産運用は身近なもの

海外資産運用の具体的な内容としては、日本では販売されていないファンドに直接投資する事や運営会社(保険会社やファンド会社)へ毎月一定額を積立て(ドルコスト平均法)、いくつかのファンドへ長期の分散投資を行うというものです。日本でも一括型や積立型の投資信託が人気を集めていますが、海外にはそれをも上回るメリットがある商品がたくさんあります。

海外資産運用のメリット

海外投資はリスクが高いと思われがちですが、積立ならドルコスト平均法による安定運用が可能になります。長期にわたる投資や分散投資、ドルコスト平均法などによりリスクを分散し、高い利回りを目指す事が可能になります。

また、わざわざ海外の銀行口座を持っていなくても、クレジットカードによって手軽に積立てができるものもあります。通貨分散の意味で米ドルや英ポンド、ユーロ、香港ドルといった複数通貨を持つことになるのもメリットです。さらに、海外では共同名義での資産運用が可能で、相続の心配も軽減されるというメリットがあります。

リスクを理解する

海外資産運用は、投資によって高い利回りを狙える一方で元本保証ではありませんのでリスクに対する十分な知識と理解が必要です。

しかし、日本の経済状況や年金問題、そして貯蓄をしても低金利という状況から見ても、海外資産運用はメリットの大きいものだと考えます。損をしないためには、どのようなリスクがあって、どのように回避すれば良いのかを知っておくことが大切です。

オークノールプロジェクトのファイナンシャルプランナーは、海外資産運用を考える皆様の良きアドバイザーになれるものと自負しております。

海外での資産運用をお考えでしたらお気軽にご相談ください。ファイナンシャルプランナー(FP)事業の他、海外資産運用の際に役立つ金融経済英語が学べるプログラムもご用意しています。

受付 平日 : 9:00~18:00 TEL 050-5362-5850 MAIL : okpro@oak-knoll.net

PAGETOP
Copyright © 株式会社オークノール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.